Amazonアソシエイト審査に落ちたけど、審査通ってた!の話。

Googleに引き続き、Amazonも特に対策もせず、申請してしまったばかりに、予想通り、落ちました。(笑)今回はそれほど凹んでいません。なら、ちゃんと調べてから申請しろよ!と言われそうですし、知人に話したらやっぱりそう言われました。Amazonさんにはお手数だったと思いますが、とりあえず試してみて、ダメなら対策を打つ、トライアンドエラーが、自分のやり方なので、まぁ、今回もそう言う感じです。何事も、1回で通すって難しいですよね。入試とか、入社とか。失敗してわかることも多々あるので、失敗するのも悪くないと思います。ただ、あまり失敗が続くと、自信が無くなってしまうので、それなりに小さくても成功体験も必要ですよね。

さて、落ちた理由は、だいたい分かってい流のですが、以下の項目に当てはまる場合には、審査に通らないよ!と言う旨のメールが届きました。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合 

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合 

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合 

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 *SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております 

6. 知的財産権を侵害している場合 

7. 露骨な性描写がある場合 

8. 未成年の方のお申し込み 

その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21

1.の、Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合、ってやつだな、とすぐ思いました。そりゃそうだよな。わけわからんサイトに広告載せても、Amazonさんらも、収益見込めなでしょうしね。それに、Amazonサイトのどっかに、ブログ記事を10ぐらいは用意しておいて!と書いてあったし。うん。納得です。 ごめんなさい。。。

Amazonからこの通知が来るまで、試しに商品のリンク作ってみよーっと思って、作っていた時に、違和感を感じまして。アソシエイトIDなるものが、なぜか2つ選べるぞ。何でしょうか?うーん。昔に同じように申請したのかしら。なんて呑気に思っていたのですが、ひょっとして、、、過去のメールを調べました。なーんと、審査通ってる!そかそか!良かったー!ひょっとすると、同じドメインで審査を通そうとしていたことも落ちた理由なのかもしれませんね。ともあれ、これでAmazonさんの商品についての記事など書きつつ、アフェリエイトできるようになったので、良かったです。今日はここまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です